シンプルが1番 2021年最新 私が合格した アドセンス審査の通り方

successアドセンス

この記事では、今現在アドセンスに頑張って挑んでいる方に向けて、少しでも応援できればと思い。

これまで何回もアドセンス審査に申し込み、中々通らず。心が折れそうだった、私が

つい最近ようやくアドセンス審査に合格しました。

そこで、私が使ったアドセンス審査通過方法を紹介します。

注意点ですが、今からお伝えすることは、あくまでも私がこの方法を試したところ、合格できたことなので、正直私と同じことをしても合格できない方もいるかもしれませんので、参考程度に見てください。

スポンサーリンク

シンプルが1番 2021年最新 私が合格したアドセンス審査の通り方

私がアドセンス審査を通過した方法ですが、それは、カテゴリー内にuncategorizedを入れない、アドセンスのポリシー内容の再確認コピペチェックツールを使っただけです。

意外とシンプルだなと思うかもしれませんが、シンプルです。ネット上では色々な情報がありますが、私もその情報を元にあれこれ試しましたが、受からず。

そこで、もう一度シンプルに、カテゴリー内にuncategorizedを入れない、アドセンスポリシー内容の再確認、コピペチェックツールを使いましたら、合格しました。

カテゴリー内にuncategorizedを入れない

はじめにカテゴリー内にuncategorizedを入れない理由ですが、コンテンツが不足という理由で不合格になるのを防ぐためです。

私が思うにはuncategorized=コンテンツが無い、つまり不足しているとつながるからです。

チェックツール

次にコピペチェックツールを使った理由ですが、

アドセンス審査で重要とされるのが、自分が書いている記事は、本当に独自性なのかを確かめることです。

それを確かめる方法は、コピペチェックツールを使うことでした。

私が使っているコピペチェックツールを紹介します

それがこちら、Copy Content Detectorです。

使い方はとても簡単です。

1まず自分がチェックしたい記事の内容をいれます。

2次に自分のドメインを除外ドメインに入れます。

3チェックをするを押す

4チェック完了がでたら、ページを再度読み込みます

5結果をみる

ここで確認してもらいたいことは、チェックし終わった際に表示される。パーセンテージです。

類似度判定、一倒率判定、テキスト判定とそれぞれ、パーセンテージが表示されます。

このパーセンテージが高いほど、独自性が無いため、アドセンス審査に通りません。

パーセンテージが高い場合は、記事を修正するかもしくは、記事を消去か下記事に戻した方が良いです。

私の目安ですが、50%以上だった場合は記事を消去するか下記事戻した方が良いと思います。
50%以下の場合は、30%以下になるように修正した方がいいと思います

これでOKかなと思った段階でもう一度申請してみてください。

もしこれでもダメな場合は、大変かもしれませんが本当に自分の記事は、アドセンス ポリシーに沿っているかをしっかり確認することです。

思わぬところで、沿っていない可能性もあるので、メンドクサイかもしれませんが入念に確認することは、大切です。

以上が私が合格したアドセンス審査通過方法です。

少しでも参考になれば、幸いです(^^)

みなさん大変だと思いますが、頑張ってください!応援しています!