観光や留学でニュージーランドのバスを使う際の注意点

busNZ ニュージランド

ニュージーランドに観光や留学をするとき、バスを使うとすごく便利です。しかし、日本のバスの利用方法とは違い。ニュージーランドでバスを使用する際は、いくつか注意点があります。

その注意点を今回6つ紹介します。

スポンサーリンク

観光や留学でニュージーランドのバスを使う際の注意点

1バスを乗る際は、必ず手を上げる

バスに乗る時は必ず手を上げましょう!これをしないと、待っていてもバスは通り過ぎます。

ニュージーランドでは日本とは違い、各乗り場に必ずしもバスが止まるわけでありません。その為、バスを乗るさいは、手を上げなくてはなりません✋

バスの運転手さんも手を上げているか、上げていないかで判断し、例え乗り場に人が居ても手を上げていなければ、バスは止りません。特に町から離れた地域の場合は、必ず手を上げましょう。

ちなみにニュージーランド人の方は、みんな手を上げます✋

2乗り方

乗る時は、日本と逆で前から乗り、後ろから出ます!!

降りる時は出口付近で一言Thank you と言いましょう!これはマナーです!(・ω・)

ただし運賃を現金で払う場合は、運転手さんに直接払わなければならない為、前から降りても大丈夫です。

ちなみに、なぜ前から乗るのかといいますと、昔はバスの運転手さんに自分が行く目的地を伝え、運転手さんがそれに応じて料金を決めていたからです。

その為、運転手さん もwhere are you going ?(どこ行くの)と聞いていました。

もしくは、こちらから○○(自分の行き先)pleaseとも言っていました。

以上のことから、前から乗車するかたちになったのだと思います。

余談ですが、ニュージーランドの一部のバスでは、バスの前に自転車を置くことができる、折り畳み式の自転車置きがあります。その為、自転車ごとバス移動が可能です!

3ローカルバスのアナウンスが無い

町の中心を移動する、観光バスや空港行きのバスには、アナウンスはあります。

しかし、ローカルバスには、アナウンスはありません。その為○○行きと書いてあっても、アナウンスが無い為、途中どこを走っているのか分からなくなります。(T_T)

その為、もし観光なら乗る際に運転手さんに目的地を伝えると、どこで降りたらいいのか教えてくれます。

留学をしようと思っている方は、まずホームステイ先の近くのバス停を覚え、周りに何があるのかなど、自分なりの目印を付けて降りる場所を覚えておいた方が良いです。

例えば、あのピンク色の家が見えたら、ボタンを押すとかです。

4運賃はzone(ゾーン)という区域で決まっている

バスの運賃ですが、日本みたいに徐々に料金が上がっていくシステムでは無く。区域ごとに決まっています。ほとんどのバスが3ゾーンで決まっています。

例えば、1ゾーンは3ドル、2ゾーンは6ドル、3ゾーンは10ドルとかです。

その為、この場合は1ゾーン区域内であれば、どこで降りても3ドル、2ゾーン区域内であればどこで降りても6ドルとなります。

なので日本のバスよりは、運賃が安いです。

ゾーンの区別ですが、バスの時刻表に書いてありますが運転手に聞くのが一番早いです。

5支払い方

日本とほとんど同じです。なので現金もしくは、そのバス専用のカードのどちらかになります。

ただ先ほど4で述べた通り、運賃がゾーンであらかじめ決まっている為、日本みたいに番号表は無く、乗る時でも番号が刻まれている紙を受け取ることはありません。

もし自分の目的地が何ドルするか、分からない場合は、運転手さんに聞きましょう。

6予定時間より、バスが早く来ることがある。

日本では、遅れることがあっても、予定時間より早くバスが来ることは、ありえません。しかし、ニュージーランドでは町の中心部ではよっぽど無いですが、中心部から離れた場所では、たまに予定時間より早くバスが来ることがあります。

理由は、わかりません。

私も経験したことがあるのですが、私の場合は予定時間の3分前にバスが来たことがあります。マジで意味が分かりませんでした、何で予定時間より早く来ているんだよと腹が立ったのを今でも覚えています(# ゚Д゚)

みなさん、私みたいにもならないように。もし、ニュージーランドでバスを乗る事がありましたら、予定時間より5分前にはバス停に居た方が無難です。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は、”観光や留学でニュージーランドのバスを使う際の注意点”について紹介してきました。

日本のバスとは違い、ビックリされた方もいると思います。私も初めてニュージーランドでバスを使うときは、違い過ぎてビックリしましたΣ(゚Д゚)

ニュージーランドではバスは、何をするのにも便利なので、今回紹介しました注意点に気を付けながら、ぜひ使用してみてください。