私が思う ホームステイ先を変える目安

red-stop-signホームステイ

ホームステイ先を変える目安って難しいと思います。そこで今回はその目安になればいいなと思い。私がホームステイを経験してきた中で、私独自の目安を紹介していきたと思います。

ホームステイ先を変えるか、どうか悩んでいる方に多少なりとも参考になれば、嬉しいです。

スポンサーリンク

明らかに厳しすぎる

ホームステイには各自ルールがあります。しかし、中には他と比べて明らかに厳しすぎるところもあります。

例えばシャワーを浴びるのは、10分ぐらいが一般的に目安なのですが、そこのホームステイ先だけ3分でそれをすぎるとノックをしてくる。
インターネットは1日1時間しか使っちゃダメなどです。

これらは明らかにきびしすぎると私は思います。いくらビジネスが目的だからとここまでやるのは、やり過ぎだと思います。

私も一度このような経験をした事があり。

私の場合は、シャワーは午後9時までに浴びないといけなく、それ以降は浴びてはいけない。それと浴びる時間は5分で、それを過ぎるとドアをノックしてきました。

あまり接してくれない

これはホントなら、あってはいけない出来事だと思います。なぜなら、ホームステイとはホストファミリーと会話や楽しんだりするのが目的なのに、それをホストファミリーがしないのはおかしいいです。

こういう事はあるのかと言いますと、ごく稀ですがあります。実際私の友達がそうでした。私の友達の例で言いますと、一緒の家にいるのにも関わらずわざわざ携帯のメールで連絡をしてくる。テレビばかり見ていて何も話さないとかでした。

夫婦同士言い合いが多い

ホームステイをしていると、夫婦でお互いに言い合う事はどの家庭でもあると思います。一般家庭に住んでいるので起こっても、不自然ではないのですが。

ただその頻度が多すぎる家庭は、私はホームステイ先を変える一部の目安だと思います。わざわざ違う国にきて、言語を勉強しに来ているのに、夫婦同士で言い合いが多いとこちらも接するのに気を使い、気軽に接する事ができません。これでは、英語が上達しないと私は思います。

私の体験談なのですが、私が初めてホームステイをしていたホストファミリーは、夫婦同士何かあるとお互いに言い合いをしていました。このホームステイ先のルールは、他のホームステイ先に比べてゆるかったのです。一部の例をだしますと、シャワーは好きな時間帯に浴びても良く、しかも10分以上浴びても何も言われない。

しかし、夫婦同士の言い合いが多く2日に一回ぐらいのペースで起こっていました。当時私は、初めての留学だった為に英語力が無く、何を原因にこんなに多く互いに言い合いをしているのか、分かりませんでした。

ホストマザーとホストファザーは、私に対しては優しく、とても接しやすかったのですが。お互いはそこまで仲良くないのか、とにかく言い合いが多く。最終的には、それが嫌だった為、私はホームステイ先を変えました。

自分で弁当や洗濯をやらされる

高校生以下だと、普通はホームステイ先の人がお弁当や洗濯物をしてくれるのですが、中にはそれをやらない人もいます。明確な理由は正直分かりませんが、多分面倒くさいからだと私は思います。

しかし、私は最低限でもお弁当作りや洗濯物はホームステイ先の人がやるべきだと思います。

なぜなら、こちらは只得さえ文化も知らない国に来ていて、日々新しい出来事があり、まだ生活に慣れていません。なのに自分で弁当を作り、洗濯をしないといけないのは大変だと思います。
大人らないいかもしれませんが、それを子供がやるのはどうかと私は思います。

ただ中には、自分でやりたいという方もいますので、その人は例外です。

他の留学生と比べられる

ホームステイの中には、留学生が自分一人で無く、他に留学生を預かっているところもあります。他の留学生が居ることで良いこともたくさんあります。

例えば一緒に遊んだり、気軽に英会話ができたりします。私も他の留学生がいる、ホームステイ先に住んでいたこともありスゴク楽しかったです。それぞれ文化も違い、新たな発見をしたりして面白かったです。

しかし、中には良い事ばかりではなくあまり良くないこともあります。例えば他の留学生の方と比べられ、居心地が悪くなるとかです。本来ならホストファミリーは平等に接するべきなのですが、人間なのでそれが出来ない人もいます。

この行為の度が行きすぎる場合は、私はホームステイ先を変えた方が良いと思います。例えば、門限をすぎて一緒に帰宅したのにも関わらず、私だけ強く怒られ、向こうは軽く怒られるとかです。

まとめ

もしホームステイ先でこういった事が起こった場合は、無理をせず誰かに相談をして、どうしても限界であれば変えるといいと思われます。私自身当時は目安が無く、なかなか変える決断ができず、嫌な思いもたくさんしてきました。やはり、ホームステイでも楽しくないと留学も楽しくないですからね。